前へ
次へ

ホワイトニングとは別に歯の着色対策

コーヒーや紅茶などは多くの人に飲まれていますが、それらの飲みものは歯に着色してしまうデメリットをもたらします。
これらは歯磨きだけである程度は落ちますが、完全に防御するのは難しくなります。
そのため歯医者などでメンテナンスをしてもらう必要があります。
着色してしまった歯は見た目が見苦しいですが、それを打開する方法の1つにホワイトニングがあります。
これは多くの人に知られていますが、マウスピースを使用して昼も夜も定期的に着用したり外したりして何か月もかかる、何万円も費用がかかるなどするため、多くの人は躊躇して実行できていません。
その代わりに重曹を使用して歯の着色を落とす方法があります。
これは炭酸水素ナトリウムが主成分で塩辛いですが、研磨力が強いのでそれで歯の表面の着色を落とす効果があります。
それで変色してしまった色を元に戻すことができます。
ただホワイトニングと違って歯が綺麗に白くなるわけではありません。
この炭酸水素ナトリウムでの実行は安価に済ませられるので、歯医者でも時折行われていますし、その気になれば素人でも重曹の粉を歯磨き代わりに使用可能です。
ただし研磨力が強すぎるので、毎日のように多頻度でやってしまうと、下手したら歯の表面のエナメル質が削れてしまいかねいので要注意です。

Page Top